読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE TRASH

要らないものはくずかごに放り込みましょ。

目に見えてファンが増えた

若手俳優

 

 いつの間にか、読者登録をしていただいたり、☆をつけていただいたりと、自分が思っている以上に多くの方にこのブログを読んでいただけているようで、恐縮とともに、感謝の気持ちでいっぱいです。こんなブログですが、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 さてさて、本日はAさんが出演されている生放送の観覧に行ってきました。(もはや推しを匿名で書いている意味はあるのかというところまで書いてしまっていますが、同厨に名前で検索されてここに辿りつかれなければ良いというスタンスでやっていこうと思います…。)

 この生放送のスタジオは、レストランと併設されていて、テーブルごとに予約をする(1人分の予約でも2つ椅子のついた1つのテーブルを予約できる)のですが、本日、受付に行ったときに私にとってはかなり衝撃的なことを言われました。

 

「誠に申し訳ないのですが、次回から、予約が殺到している日に奇数名で予約されている方は相席とさせていただきます。」

 

 その時は、「分かりました~大丈夫ですよ~」と答えたは良いものの、基本ぼっちで観覧しているので、後から(えっ…相席…?同厨と相席?…絶対無理だ、どうしよう、どうしよう)とパニック状態になり、席に着いてから即刻友人に同行を乞うLINEを送りました…。

 そして、周りを見回して気付いたことが。

 

今日めっちゃ観覧客多くない!?

 

 これはなるほど、テーブルが足りないわけです。毎週通っていましたが、今日が過去最高に観覧客が多かったです。なんだこれ。何が原因だ。

 思い当たるとすれば、Aさんの舞台が終わってこの生放送の観覧にまで足を運ぶファンが増えたということと、学生が春休みに入ったということでしょうか。Aさんのリプ欄を見ていて、水面下でファンが増えているような気がするな~とは思っていたのですが、まさかここまで足を運ぶような熱心なファンが増えていたとは。

 いざ目の当たりにすると、Aさんのファンが増えて喜ぶどころか、焦りと恐怖しか感じませんでしたね。自分でも酷いファンだと思います。自分の応援している若手俳優の人気が出て喜べないなんて。こんなファンがついていて申し訳ないと常々思います。

 

 

 自分のどす黒い感情はひたすら隠して、ごまかして、カムフラージュしているけれど、結局のところ、Aさんに特別扱いされたいんだと思います。他のファンとは違うことをされたい。他のファンよりもファンサを沢山してほしい。一番構ってほしい。

 こんなこと、大っぴらには言えないですが、いつもこんなことばかり考えています。でも卑屈だから自己嫌悪する。

 

 前の記事にAさんは多分ファンに興味がないと書きましたが、言い方を変えると、ファンによって対応を変えるつもりがないと思うんです。今のところ、あからさまに良対応されている人もいなければ、干されている人もいない。ただ単に自分のファンだということに気付いていないだけかもしれませんが…。でもそのおかげで、自分の対応と他の人の対応を比べても憂鬱になることがないので、そういう意味では叩いても響かないAさんを好きになって良かったのかもしれません。

 

 現状では、スタジオ観覧に行くと、ありがたいことにAさんが目線をくれるので、なんとかやっていけてます。ただ、前述の通り卑屈な人間なので、(いつもあのデブス、ガン見してくるな~うざいな~キモいな~)って気持ちで見られているのかもしれないという覚悟でいます。それか全く何も考えていないか。まぁ、どういう気持ちで目を合わせてくださっているのかは、本人にしか分からないんですけどね。

 

 

 今週末には、ハイタッチ有りのイベントに行ってきます。Aさん本人としての接触は初めてなので、その時に軽く探りを入れようかなんて考えたのですが、最終的には無難なことを言って、無難にこなすことになりそうです。叩いても響かないAさんと接するときは、多分それくらいの方が心の負担が少なくて済むのではないかと思いました。

 基本的にこのブログは負の感情が渦巻いているときに書くので、ハイタッチで惨敗したらまた記事を増やすことになりそうです。